のりぴー創造学園大学の倒産理由

スポンサードリンク
のりぴーが入学したことで話題となった、創造学園大学が倒産しました。創造学園大学の倒産理由を見ると、学校法人は税金優遇や補助金が支給されていますが、乱脈経営により資金繰りが逼迫して倒産したことが分かります。

(1)堀越学園の倒産と解散

堀越学園は、のりぴーが通った創造学園大学のグループとして有名ですが、債権者の日本私立学校振興・共済事業団から破産申し立てをされていました。

堀越学園は負債が約45億円に対して、資産は約10億円となっており、債務超過の状況が続いていました。学校法人は税金や運営が優遇されていることに加えて、私立大学であっても補助金として多額の税金が投入されています。
スポンサードリンク

(2)堀越学園が破産手続き開始

のりぴー創造学園大学の倒産理由について、2013年6月5日の帝国データバンクが、女優酒井法子が入学した「創造学園大学」運営の堀越学園、破産手続き開始決定受けるを報じているので見てみましょう。
4月4日に債権者より東京地裁へ破産を申し立てられていた、学校法人堀越学園(TDB企業コード220108517、資産の総額17億1450万8067円、群馬県高崎市八千代町2-4-2)は、6月4日に破産手続き開始決定を受けた。
のりぴーが創造学園大学に入学したことが話題になりましたが、堀越学園に対して、裁判所が破産手続開始決定を行ったようです。私立大学は、話題を作ることで入学者を増やすことはありますが、のりぴーの創造学園大学入学によって経営が急に改善することはないですね。

千葉国際高校 倒産民事再生の理由をまとめましたが、創造学園大学だけでなく、私立学校は倒産することがあります。創造学園大学は私立大学ですが、私立高校が倒産することもありますので、子供の進学先をどこにするのかが重要になっていると言えますね。

(3)堀越学園の事業多角化

当法人は、1966年(昭和41年)9月に幼稚園の運営などを目的として設立された。97年には社会人サッカーチームを買収し経営の多角化を図ったほか、2004年4月には「創造学園大学」(高崎市)、2006年4月には「高崎医療技術福祉専門学校」を開校し、2008年3月期の年収入高は約16億8700万円を計上していた。
堀越学園は、のりぴーが通った創造学園大学が有名ですが、学校法人として事業の多角化を行っているので見てみましょう。
  • 1966年9月 堀越学園が幼稚園の運営などを目的として設立
  • 1997年 社会人サッカーチームを買収
  • 2004年4月 創造学園大学を開校
  • 2006年4月 高崎医療技術福祉専門学校を開校
  • 2008年3月期売上高 約16億8700万円
  • 2009年11月 女優の酒井法子が入学
堀越学園のような学校法人は、税金の優遇や多額の税金を補助金として受け取っていますが、サッカーチームを買収しているのは、学校事業とは関係がないですね。

のりぴーが通った創造学園大学は、2004年に開校が行われた比較的、歴史の浅い私立大学ですので宣伝効果が大きかったことのではないでしょうか。

(4)女優の酒井法子が入学

2009年11月には、女優の酒井法子氏が創造学園大学に入学するなどして話題となったものの、入学者数の減少に歯止めがかからず、資金繰りは悪化していた。加えて、教職員への給与遅配や、理事長交代が頻繁に行われるなど組織面も懸念されていた。
創造学園大学の資金繰り悪化は、倒産企業と似たような事例が発生していることが分かります。
  1. 給料支払いの遅れ
  2. 役員の交代
創造学園大学は、教師への給与支払いが遅れていたようですので、資金繰りがかなり厳しかったことが分かります。給与は、一般的に現金で支払いますので、手元の現金が不足しており資金繰り倒産寸前であったことが分かります。

(5)書類の虚偽記載や税金の滞納などにより解散命令

この間、文部科学省は、当学園に対し運営面について繰り返し指導。しかし、その後も書類の虚偽記載や税金の滞納が発生するなど、改善の兆しが見られなかった。また、必要な財産が保有されていないという私立学校法の規定違反が解消される見込みもなかったことから、3月28日には文部科学大臣から解散命令を受けていた。負債は2012年3月末時点で約45億円。
創造学園大学の解散命令について、堀越学園 解散理由と倒産でまとめましたが、文部科学省も将来の生徒保護のために解散を決断したようですね。

学校法人は、税金の優遇や補助金の支給に加えて、子供の将来を決める重要な役割を担っています。創造学園大学は、のりぴー入学で話題になりましたが、乱脈経営の原因と経営陣の失敗、補助金による税金支給の返還を追及することができるのか注目ですね。
スポンサードリンク

::


1 件のコメント:

  1. >匿名さん
    匿名さん、こんにちは^^
    コメント欄で頂いた内容について、一度精査いたしますので、ご理解願います。

    三菱東京UFJ銀行の銀行員が、スピーシーにより顧客から、大量に資金調達していることを思い出しました。

    三菱東京UFJ銀行 横領詐欺の不祥事
    http://funshoku.blogspot.jp/2013/08/mitubisi-tokyo-ufj-ouryou-sagi-fushouji.html

    未公開株や、よく分からない金融商品が、世の中に増えているということなのでしょうね。
    あくまで一般論ですが、債務超過を告知せずに資金調達を行っていて、捜査2課が動いているのであれば、かなり問題があるということなのでしょうね。

    返信削除

最近の記事
Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。 ユーザーは広告のオプトアウト ページ
で Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます(また、Network Advertising Initiative のオプトアウト ページでも第三者配信事業者の Cookie の使用を無効にできます)。