パナソニックプラズマディスプレイ倒産の理由

スポンサードリンク
パナソニックプラズマディスプレイは、パナソニックのテレビ事業失敗の象徴になっています。パナソニックは、プラズマテレビの過剰投資により、数千億円の投資を無駄にしていますね。


(1)電機メーカーの業績悪化

電機メーカーは、世界トップクラスの競争力を持っていたため、日本の主力産業と言われています。過去に、日本企業は白物家電が高シェアなうえに、テレビやビデオレコーダーなど世界市場を席巻していました。

日本企業は、韓国企業に技術を渡すという意味不明なことを行っており、敵に塩を送ることを行っています。韓国企業は、減益技術者や退職者をヘッドハンティングしており、ノウハウを盗むことにも集中しています。

日本企業は、韓国企業とデジタル家電の競争に巻き込まれており、内部留保からの巨額の投資を捻出しています。日本の電機メーカーは、韓国企業との競争に敗れたため、内部留保が巨額の赤字により消滅していますね。
スポンサードリンク

(2)デジタルテレビの規格争い

  1. 液晶テレビ シャープやソニーなど
  2. プラズマテレビ パナソニックや日立やパイオニア
  3. プラズマテレビは大画面パネルで強みがあると言われていた
  4. 液晶テレビの技術革新により大型テレビの価格競争が激化した
液晶テレビとプラズマテレビは、デジタルテレビの規格争いが行われており、それぞれにメリットがあると言われてきました。パナソニックは、プラズマテレビが大型パネルに強いため、大画面テレビにより高価格帯を狙う経営戦略です。

液晶テレビは、価格の安さがメリットであるうえに、デジタルテレビの標準としてシェアを伸ばし続けていました。液晶テレビは、大型テレビに不向きであると言われてきましたが、技術革新により画質が大幅に向上も追い風でした。

パナソニックは、プラズマテレビの競争力を強化するために、尼崎の新工場に巨額の投資を決断します。パナソニック経営陣は、デジタルテレビ投資により数千億円以上の損失を発生させており、過剰在庫や投資失敗により財務がボロボロに悪化しました。

(3)デジタルテレビ投資の失敗

  1. 液晶テレビは高シェアにより原価低下
  2. プラズマテレビは大手企業の撤退が続く
  3. パナソニックはプラズマテレビに巨額投資を決断
  4. パナソニックは液晶テレビ工場にも巨額投資をしていた
  5. パナソニックのデジタルテレビ投資戦略はよく分からない
プラズマパネルと液晶パネルを比較するときに、デジタルテレビの市場シェアは、製品原価に大きく影響することになります。工業製品は、大量生産すればするほど、一般製品のコスト低下は進みます。

プラズマテレビは大手企業のリストラが続いており、液晶テレビは新規設備投資や新規参入が相次ぎました。パナソニックは、姫路の液晶テレビ工場にも投資しており、デジタルテレビ戦略は意味不明だったのでしょう。

パナソニックは、尼崎のプラズマテレビ工場に投資を繰り返しており、社運を賭けたプロジェクトをしています。パナソニックは、松下銀行と言われるほどの巨額資金を持っていましたが、プラズマテレビ工場に捨てただけの結果になっていますね。

(4)パナソニックプラズマディスプレイが倒産

  1. 茨木工場 第1工場と第2工場
  2. 尼崎工場 第3工場から第5工場
  3. 2009年3月期売上高 約3137億円
  4. 2014年3月期売上高 約202億円に激減
  5. 2014年3月末に事業活動を停止していた
パナソニックプラズマディスプレイは、茨木工場と尼崎工場があり、尼崎工場のほうが新しく圧倒的に大規模でした。パナソニック経営陣は、プラズマテレビに社運を賭けており、尼崎工場に巨額投資を決断しています。

デジタル家電は、競合企業のキャッチアップがしやすいため、価格競争に巻き込まれやすい特徴があります。新規参入企業は、部品を外部調達するだけでなく、加工組み立ても外注して販売することができます。

パナソニックプラズマディスプレイは、パナソニックの子会社であるため、業績に大きな影響を与えます。パナソニックプラズマディスプレイの業績は、数千億円投資に見合う売上になっておらず、売上が10分の1以下に激減して事業停止していますね。

(5)余剰資金は割高な投資になる

  1. 経営者は大株主ではない
  2. 自社株買いは企業価値を高めやすい
  3. 配当は自社株買いの効果を高めることにもなる
  4. 日本企業の海外M&Aは高値掴みによる失敗が多い
  5. 余剰資金が多ければ経営者が無駄な投資を行いやすい
パナソニックのプラズマディスプレイ投資は、巨額の投資が無駄になっており、数千億円のお金を捨てた形になっています。パナソニック経営陣が、意思決定の失敗の過程を明らかにしておらず、失敗の責任をとっていないことに恐ろしさを感じてしまいます。

株主にとっては、自社株買いや配当が重要であると言われていますが、無能な経営者に対する牽制にも繋がります。余剰資金は、投資先の選別が甘くなりやすいため、無駄な投資をしやすくなります。

日本企業は、海外投資により巨額の減損損失を繰り返しており、余剰資金のリスクを証明しています。パナソニックプラズマディスプレイ倒産は、デジタルテレビ市場の競争激化だけでなく、余剰資金が無駄な投資に使われやすい事例と言えますね。
スポンサードリンク

::


1 件のコメント:

  1. ムースクナビコナ菩薩国日本国憲法は宇宙の真理仏法なり


    「日本人なら空気を読むな漢字を読め」
    latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-769.html

    空気は生きていくために呼吸するものであり読むものではない。
    第一空気とか雰囲気とか親からもらった眼で生まれてから死ぬまで見えないものである。
    生物たるもの目に見えないものを読めるわけがない。
    これが宇宙の真理である。
    空気を読めとか、生物失格の愚か者の妄想である。

    霊長類として読まねばならぬものは文字である。
    言葉を文字にして他人に伝える、これが人間である。
    文字が読めない者は人間失格社会人失格である。
    文字が読めてはじめて人間たり得社会人たり得るのである。
    これは人間の真理である。

    すべて生物の言葉は親の真似をして使い方を覚える。
    親のことばを盗用して使うのである。
    これが生物の真理である。
    著作権や特許権や所有権など、人間以前にそもそも生物失格の愚か者の妄想に過ぎない。

    人間だけが文字を使う。
    人間社会には地域によって種々の文字言語が存在するが、特に日本語は地球でもっとも優れた言語であり、最も修得が難しい宇宙で唯一の融通無碍言語である。
    日本人の親から生まれた日本人は皆親の真似をして三つ子(満1歳半)で全員が世界一難しく優れた日本語を使いこなすのである。
    日本人なら両親と両親をこの世に生み育ててくれたご先祖様に感謝してご先祖様のご恩を死ぬまで忘れることがない。
    これが「三つ子の魂百まで」の親孝行と他人に親切である。

    漢字が読めない者は日本人失格である。

    数え16歳満14歳で元服成人した人間という地球霊長類の中でも、日本人中学校卒業者は一人残らず日本語の漢字が読み書きできるのであり、満15歳以上でそれができない者はそもそも日本人の大人すなわち日本国憲法主権者国民失格である。

    そして日本人のご先祖様おとなたちはみな文武両道の武士道と宇宙の真理仏法僧三宝に帰依したムースクナビコナ三宝帰依仏心武士道菩薩であるのだ。

    南無父母無二仏 合掌 www.tamano.or.jp/usr/kyushoji/bbs.html

    武士道即仏道父母恩重経、

    日本国憲法は地球憲法、

    これが宇宙の真理であるよ(笑)

    地上げ屋サンが止めてくれないからなんぼでもコメ積んじゃった(笑)

    返信削除

最近の記事
Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。 ユーザーは広告のオプトアウト ページ
で Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます(また、Network Advertising Initiative のオプトアウト ページでも第三者配信事業者の Cookie の使用を無効にできます)。