農業融資審査の動向 銀行融資の比較

スポンサードリンク
農業融資審査の動向は、現金収支や土地規制が、融資拡大の問題になっています。農業融資の銀行融資を比較すれば、資金面だけでなく、人材育成や販売支援をしていることが分かりますね。


(1)融資の動向 新規融資の比較

融資の動向を見れば、アベノミクスにより企業格付けは向上していますが、銀行融資も低金利でお金を借りやすい経済環境になっています。銀行は、融資増加のために審査がゆるくなっており、資金需要のある企業は、無担保低金利でお金を借りやすい環境になっていますね。

銀行の数が多いため過当競争が続いており、資金需要の低迷もあって、融資金利が低下したという口コミが増えています。銀行融資の4割は、1%未満の融資になっており、審査がゆるい背景が分かりますね。

地方銀行の融資利息収入は、融資金利の低下により、大幅に低下している銀行があります。銀行は、新規融資の開拓に積極的であるため、審査ゆるい口コミが増えても融資に積極的な姿勢になっていますね。
スポンサードリンク

(2)日本の農業融資動向

  1. 農業融資の金額 5兆2000億円
  2. 農業融資の割合 1割強 民間金融機関
  3. 農業融資の割合 8割弱 政府系金融機関やJA
  4. 民間銀行の農業融資2013年の金額 約5500億円
  5. 民間銀行の農業融資2013年の動向 前年比3.9%増加
  6. 農業融資の融資金額推移 2000年代以降は減少が継続
  7. 農業融資の融資金額推移 リーマンショックによって減少が加速
  8. 農業融資の融資金額推移 2013年に増加してリーマンショック直後の水準に回復
農業融資審査の動向、銀行融資の比較について、2014年6月1日の日経新聞を見てみましょう。農業融資は、政府系金融機関やJAが主体になっており、アベノミクスによる金融緩和と景気回復によって融資金額が増加に転じていますね。

JA住宅ローン審査甘い理由と口コミ破綻をまとめましたが、JAが農業融資に積極的である理由が分かりますね。農業は国の安全保障に関わりますので、政府系金融機関やJAは審査ゆるい融資であっても、積極的に融資を行ってきました。

農業融資の審査ゆるいとしても、輸入品との競争や少子高齢化によって、農業の担い手は減少しており、お金を借りる人が減少してきました。農業融資は、リーマンショックによって大幅に減少していましたが、自民党の安倍政権に政権交代したことにより、景気回復しており融資残高が増加していますね。

(3)大手銀行の農業融資

  1. みずほ銀行の農業融資 地銀と組んで10ファンドを各地で組成
  2. 三井住友銀行の農業融資 30億円の農業向け投資ファンドを組成
  3. 三井住友銀行の農業融資 2013年12月関係企業150社を集めて商談会 
  4. 三菱東京UFJ銀行の農業融資 農林漁業と鉱業の融資が1年で2割増加
農業融資は、大手銀行に関わりがないように思えますが、融資の審査だけでなくリスクを積極的にとっているようです。メガバンクは、金余りによって融資審査に積極的になっていますが、農業向けの投資ファンドを設立するなどして資金供給を行っていますね。

大手銀行と地方銀行を比較したときに、メガバンクは資金力だけでなく、子会社に証券会社や信託銀行だけでなく、ベンチャーキャピタルなど多様なグループ企業があります。大手銀行は農業融資だけでなく、投資ファンドを設立しており、銀行融資では困難なリスクマネーを供給していますね。

大手銀行は地方銀行よりも、多様な顧客基盤を保有しており、日本全国に取引先があります。大手銀行は農業融資だけでなく、商談会やビジネスマッチングを通じて、日本の農業に貢献していますね。

(4)地方銀行の農業融資

  1. 肥後銀行の農業融資 肉牛を担保にした動産担保融資を実行
  2. みちのく銀行の農業融資 農産物の加工販売を行う女性経営者を支援
  3. 山口銀行の農業融資 農業参入を目指す異業種の販路開拓などを支援
  4. 北海道銀行や山梨中央銀行の農業融資 農業経営者を育成する塾を設置
  5. 中国銀行や千葉銀行の農業融資 農業参入を目指す企業に融資を実行している
地方銀行は、融資先減少と少子高齢化によって、融資の金利競争が激しくなっており金利低下が進んでいます。地方経済は、農業の就労人口が都市部よりも多いため、地方銀行にとって農業融資は融資残高を増やすために重要な市場ですね。

農業融資は、農地の転用規制が厳しいため、農家が銀行融資の担保を供出しにくい問題点があります。肉牛は、ブランド牛の担保価値が高いうえに、個体識別番号制度などによって、農業融資の中でも動産担保融資に適していますね。

地方銀行の農業融資を比較すれば、融資だけでなく経営支援を積極的に行っていることが分かります。農業融資は成長市場と言われていますが、地方銀行は融資先の増加だけでなく、地方経済の発展のために重要であると言えますね。

(5)保険会社・その他金融機関の農業融資

  1. 東京海上日動火災保険の農業融資 JA共済連と提携
  2. 東京海上日動火災保険の農業融資 農業の保険を共同開発
  3. 農林中央金庫の農業融資 技術力のある農業法人に100件の出資実績
保険会社は、お客様から保険料として預かった資産を、株式や不動産に投資して運用しています。保険会社はJA共済と提携することで、農業向けの保険を共同開発しており、農家のリスクヘッジに貢献していることが分かりますね。

農業は、天候や天災のリスクが高いため、農家の生活はリスクヘッジが重要になります。東京海上日動火災保険とJA共済は、農業向けの特殊な保険を開発することで、農業のリスクを緩和していると言えますね。

農林中央金庫は、JAなどから多額の資金を集めていますが、農業融資の占める割合が低いため積極的な支援が求められています。農林中央金庫はリーマンショックによる投資運用の失敗で、数千億円の損失を計上しており、全国の農協に出資をお願いして資本増強する失態になっていますね。

(6)農業融資のリスクと問題点

  1. 農業融資の割合 民間銀行の融資0.1%
  2. 農業融資のリスク 天候による業績の悪化
  3. 農業融資のリスク 災害による業績の悪化
  4. 農業融資の問題点 現金収支が安定しない
  5. 農業融資の問題点 農地の土地規制が厳しい
  6. 6次産業化支援 農業だけでなく製造業とサービス業の連携
農業融資は成長市場と言われていますが、民間銀行の融資に占める割合は小さいですが、農業のリスクが問題とされています。銀行融資の審査は、現金収支や土地担保が重要になりますが、農業融資はキャッシュフローが安定しにくい上に、農地は土地規制が厳しいですね。

日本とアメリカの農業融資を比較すれば、アメリカの農業融資は4割を民間商業銀行が占めており、日本と大きな違いがあります。アメリカの農業融資は、農地規制が緩いため、農地を担保にした融資審査を行えることが大きな理由の一つのようですね。

農業の今後を考えれば、1次産業の農業だけでなく、2次産業と3次産業を組み合わせた6次産業化支援の有効性が指摘されています。農業融資は、現金収支や土地担保に問題はありますが、6次産業化の成功事例が増えることは重要になりそうですね。
スポンサードリンク

::


0 件のコメント:

コメントを投稿

最近の記事
Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。 ユーザーは広告のオプトアウト ページ
で Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます(また、Network Advertising Initiative のオプトアウト ページでも第三者配信事業者の Cookie の使用を無効にできます)。